複数の借入を一つにまとめられるおまとめローンは、利率が下がり、支払いの負担が軽減できるため非常に魅力的です。しかし一般的に、おまとめローンは審査が厳しいと言われています。専業主婦がおまとめローンを組むことはできるのでしょうか?

  • 主婦はどうしたらおまとめローンが使えるの?
  • 主婦だと審査基準が分かることがある?
  • どこなら主婦でもおまとめローンが契約できるの?

この記事では、主婦が借金を一本化するための方法をわかりやすく解説。主婦でも契約できるおまとめローンも紹介しています。そのため最後まで読めば借金の一本化に対する疑問が全て解決します。

【結論】おまとめローンは主婦でも利用できる!

結論から言うと、専業主婦でもおまとめローンを組める場合があります。

2010年に総量規制という決まりが定められ、消費者金融から年収の3分の1以上の借入ができなくなりました。自分自身の年収がない人は、借りられるお金もゼロということです。そのため現在消費者金融は専業主婦への融資をストップしています。

しかしこの総量規制はあくまでも消費者金融などの貸金業者だけが対象です。銀行のローンは対象外ですので、専業主婦でも融資が受けられる銀行ローンは存在します。では実際、専業主婦はいくら借りられるのでしょうか?

専業主婦はいくら借りられる?

専業主婦が申し込みできるローンで主なものが銀行のカードローンです。50万円を超えると所得証明書類の提出を義務づけている商品がほとんどですので、専業主婦の場合は実質50万円が上限になります。会社によっては「専業主婦は最大30万円まで」等とはっきり基準を設けていることもあります。

また、全てのカードローンが専業主婦OKとは限りません。専業主婦でも申し込みができるカードローンは「専業主婦OK」とはっきり記載がある場合が大半です。近年は条件が厳しくなり、専業主婦が申し込みできないカードローンが増えてきています。

主婦でもおまとめローンを契約できるといいつつ、取り巻く環境は厳しいのが実情。そこで次章では、「パートをしていれば借りられる」というよく耳にする情報について詳しく解説していきます。

パートをしている主婦はいくら借りられる?

ではパート・アルバイトをしていれば多く借りられるのでしょうか?自分に収入があれば、消費者金融や銀行のローンなど、おまとめローンを組むための選択肢が大幅に広がります。

ただ、アルバイトやパートの場合、勤続年数があまりに短いと「収入が安定していない」とみなされ、審査に通らない場合があります。おまとめローンは金額が大きく、審査も慎重に行われるためです。

借りられる限度額についてですが、パートの年収の1/3が限度と言われています。パートで年間100万円稼いでいる場合、借りられる額は30万円程度。これではおまとめローンには利用できないと言えるでしょう。
どうしてそんなに厳しいのか、次章ではおまとめローンの仕組みを紹介していきます。次の項目ではおまとめローンの仕組みについて詳しく見ていきましょう。

おまとめローンの仕組みをおさらい

おまとめローンとは、複数の会社から借りている金額を他社で借りて完済し、借金を一社にまとめることです。一本化とも呼びます。

【例】

  • A社からの借入…20万円
  • B社からの借入…10万円

このような状況だった場合、新たにC社から30万を借り、A社に20万、B社に10万円を返済します。

するとC社のみから30万円を借りている状態となります。これで一本化は完了です。このあとはC社のみ返済をすればいいということになります。

おまとめローンを組むためには、借り換え専用の一本化ローンのほか、銀行のカードローンを使ったおまとめも人気があります。

おまとめローンのメリット・デメリット

おまとめローンのメリット、デメリットをそれぞれまとめました。デメリットも踏まえたうえでの申し込みをおすすめします。

おまとめローン3つのメリット

  1. 返済日を月1回にできて管理しやすい
  2. 金利を低くできる
  3. 月々の返済金額が低くなる

おまとめローンのメリットは主に以上の3つです。

1.返済日を月1回にできて管理しやすい

借りている会社が複数あると、月に何回も返済をしなくてはいけません。返済を月1回にまとめることができると、返済の手間を軽減できます。返済に充てられる元金と利息の金額も分かりやすくなり、家計の管理がしやすくなります。

2.金利を低くできる

おまとめローンを組むと金利を低くすることができ、支払いの負担が少なくなります。残高が大きければ大きいほど利率は下がりますので、一箇所で大きく借りたほうがお得です。

3.月々の返済金額が低くなる

おまとめローンを契約することで、あらためて無理のない返済プランを組むことができます。

おまとめローン3つのデメリット

  1. 返済期間が長びき、支払う金額が多くなる
  2. 審査が厳しい
  3. 意思が弱いと借金が増えるリスクがある

良いことばかりというイメージが強いおまとめローンですが、デメリットもあります。デメリットは主に以上の3つです。

1.返済期間が長びき、支払う金額が多くなる

無理なく返済したいからといって、1回あたりの返済金額を低くすると返済期間が延びます。返済期間が長くなると、支払う利息がどんどん可算されますので、利率が下がったのにも関わらず総支払額が増える可能性があります。

2.審査が厳しい

おまとめローンは他社の借入を合計した分を一括で借りることになるため、申し込み金額がどうしても高くなります。希望金額が高ければ高いほど審査は厳しくなります。

3.意思が弱いと借金が増えるリスクがある

おまとめローンで他社の借入を完済すると、その会社の利用可能枠は残った状態になります。完済をしたことで借金が減ったような気持ちになり、余った枠で借入をしてしまったという事例が実際に存在します。

また、カードローンでおまとめローンを組んだ場合、以下のようなことが起こります。

  • 利用可能枠が多めに用意された
  • 返済を続けるうちに利用枠に余裕ができた

意思が弱いとつい追加で借りてしまい、おまとめローンを組んだはずが逆に借金が増えてしまうというリスクもあります。

専業主婦のおまとめローンはどんな審査基準?

仕事をしている方であれば勤続年数など、収入の安定性が審査に大きく影響しますが、専業主婦の場合はそれ以外の部分で審査をすることになります。ここでは専業主婦が審査で気をつけなくてはいけないことを中心に説明します。気をつけたいことは以下の5つです。

  1. 他社の借入件数
  2. 個人信用信用情報の登録情報
  3. 配偶者の個人信用信用情報
  4. 複数の会社に申し込みをしていないか
  5. 虚偽の内容がないか

1.他社の借入件数

専業主婦の申し込みに限ったことではありませんが、借りている会社の数が多いと審査に落ちます。銀行のカードローンでおまとめローンを組みたい場合、多くても3〜4件、できればそれ以下におさえましょう。

2.個人信用情報の登録情報

収入のない専業主婦の申し込みでも、本人の個人信用情報機関の情報は確認されます。他社で長期延滞などをしていたりすると審査には通りません。

3.配偶者の個人信用情報

専業主婦が申込む場合、配偶者がブラックになっていないかも確認されます。ブラックの場合、審査に通るのは難しくなります。

4.複数の会社に申し込みをしていないか

金融機関に申し込みをすると、申し込みをしたという情報が最長で半年程度信用情報に記録されます。専業主婦の場合、他社と合計して融資できる金額はあまり多くありません。そのため、他社で申込んだという情報が残っていた場合はそれが原因で審査落ちするかもしれません。

5.虚偽の内容を申告していないか

審査に通らないからといって、パートであると偽ったり、配偶者の収入を偽ってはいけません。虚偽の申告をすると、おまとめローンの審査に通らないだけでなく、最悪の場合ブラックに登録される恐れもあります。

ここまでの情報を見ると「専業主婦はおまとめローンの契約が難しい」とハッキリ分かります。どこなら貸してくれるのか、オススメの金融機関を次章で紹介します。

専業主婦でも借り入れ可能なおまとめローン

インターネットの情報サイトで「専業主婦でも申し込みが出来る」と紹介されているおまとめローンでも、現在は申込みを受付していない会社が非常に増えています。(例:ソニー銀行、三菱UFJ銀行など)

ここでは今専業主婦が申し込みできるおまとめローンを簡単に紹介します。おすすめは以下の3つ。

  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 横浜銀行

楽天銀行

商品名 楽天銀行スーパーローン
限度額 最大800万円(専業主婦は50万円)
金利 1.9%〜14.5%

専業主婦が借りられる金額は最大50万円までですが、消費者金融に比べると金利が安い上、好きな用途に利用できるため、専業主婦のおまとめローンにぴったりの商品です。

申し込みや利用で楽天ポイントがたくさんもらえるキャンペーンをやっていますので、楽天市場をよく利用する方はぜひ検討してみましょう。

ジャパンネット銀行

商品名 ネットキャッシング
限度額 最大1000万円
金利 年2.5%〜18.0%

ネット銀行でおなじみジャパンネット銀行のネットキャッシングは、自由な用途に利用できます。配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でも申し込みができる事がはっきりとホームページに記載されています。

返済はジャパンネット銀行口座からの引き落とし。明細やカード発行がなく、郵送物は一切届かないため安心です。最大金利は18.0%と銀行系では高めですが、初めての借入から30日間の無利息期間があります。

横浜銀行

商品名 横浜銀行カードローン
限度額 最大1000万円
金利 年1.9%〜14.6%

地方銀行の中でも最大規模である横浜銀行は、専業主婦でも申し込みができるカードローンを扱っています。事業資金を除く好きな使い道に利用できますので、おまとめローンにぴったりです。

金利が最大14.6%と低めですので、おまとめローンを組むことで負担軽減が期待できます。デメリットは、申し込みできる地域が限られていること。東京都、神奈川、群馬県の前橋市・高崎市・桐生市にお住まいまたは勤務している方だけが申し込みできます。

よく使う地方銀行を確認しよう

横浜銀行に限らず、地方銀行のローンには専業主婦でも申し込みができる商品が存在します。よく利用する地方銀行があれば、ホームページなどをチェックしてみることをオススメします。

審査に落ちたらどうする?

専業主婦でもOKの会社に申し込みをしたものの、審査に落ちてしまった場合、どうすればいいのでしょう。

専業主婦が申し込みできるおまとめローンは、昔に比べてかなり減少しています。本人の収入がない人がローンを組む事はリスクが高い、という証拠でもあります。

おまとめローンを組みたいのであれば、申し込みができる選択肢を増やすこと、そして「本人の収入がない」という状態を脱することが審査通過への近道となります。

  1. パートなどの契約をする
  2. パートが難しければ派遣会社に登録する

具体的な方法は以上の2つです。

1.パートなどの契約をする

短い時間で構いませんので、パート・アルバイトとして申告ができそうな仕事をすることをオススメします。少しでも収入があれば、銀行よりも審査が甘いと言われている消費者金融にも申し込みができるようになりますので、おまとめローンの選択肢が大幅に増加します。

2.パートが難しければ派遣会社に登録する

パートが難しいという状態であれば、派遣会社に登録だけでもすることをおすすめします。仕事をしていなくても、派遣会社に籍があれば「無職ではない」という扱いになります。とはいえ、この方法はかなり無理があることも同時にお伝えしておきます。

金融機関は派遣会社に登録だけしている人が多いことを危惧し、勤務の実態を調べることがあります。そこで「登録だけして実際は働いていない」となれば間違いなく審査は落ちてしまいます。おまじない程度の方法と覚えておきましょう。

おまとめローンの返済方法は?

おまとめローンの返済方法は会社によって異なります。銀行系の場合は口座からの自動引き落とし、消費者金融系の場合は複数の方法から選べる場合が多いです。

通帳や明細でバレないように注意

普段使っている銀行を引き落とし先に設定すると、家族にその通帳を見られて不審に思われるケースがありますので注意が必要です。

また、カードでATMから入金をする返済方法だと、必ず明細書が発行されます。これは法律で決まっていますので、受取不要にはできません。家族に見られないよう気をつけましょう。

ネット銀行の引き落としがオススメ

ネット銀行を引き落とし先に設定しておくと、インターネットで明細が確認できますので通帳に記録が残りません。もし選べるのであれば、ネット銀行での返済をオススメします。

まとめ

この項目では、専業主婦でも借りられるおまとめローンを紹介しました。最後に要点を整理しましょう。

  • おまとめローンを組むと負担が軽減し、管理が楽になる
  • 一本化にもデメリットがあるので注意
  • 専業主婦は消費者金融からは借りられない
  • 銀行のカードローンを使っておまとめローンが組める
  • パートもしくは派遣社員への登録も検討しよう

要点は主に以上の5つ。それぞれの項目について簡単にまとめました。

おまとめローンを組むと負担が軽減し、管理が楽になる

おまとめローンとは、借りたお金で複数会社から借りている分を完済し、返済を一社・月1回にまとめることです。金利の負担が減る、管理が楽になる、一ヶ月あたりの返済金額が減るなどのメリットがあります。

一本化にもデメリットがあるので注意

しかし一ヶ月あたりの返済金額が減ることで完済までの期間が延び、多く利息を払うことになるケースもあります。また、他社を完済したことで気持ちにゆとりができ、つい使いすぎてしまうということもあるので気をつけましょう。

専業主婦は貸金業者からは借りられない

消費者金融などの貸金業者は総量規制の対象であり、年収の3分の1を超える金額を借りることはできません。専業主婦は年収がないため、借りられるお金はゼロということになります。パートやアルバイトなどで収入があれば申し込みが可能です。

銀行のカードローンを使っておまとめローンが組める場合も

銀行は総量規制の対象外ですので、年収がない専業主婦でも申し込みができる商品が存在します。しかし、少し前までは「専業主婦OK」と紹介されていたローンが専業主婦不可になっている例が非常に増えているのが現状です。

楽天銀行やジャパンネット銀行などでは、現在も専業主婦の申し込みが可能です。また、地方銀行のカードローンでも専業主婦OKのものが存在します。

パートもしくは派遣社員への登録も検討しよう

専業主婦ではなく「少しでも収入がある」状況になれば、様々なカードローンや消費者金融に申し込みができるようになります。わずかな時間でもパートをする、もしくは派遣社員に登録だけでもすると、収入があるとみなされ、主婦でおまとめローンを組むチャンスが広がります。