おまとめローンとは、複数ある借入を一本化するローンのこと。一本化をすると返済の負担が軽減できますが、全ての金額をまとめるとなると、金額がどうしても大きくなってしまいます。

実際にどれくらいの金額をおまとめできるのか、総量規制はおまとめローンに関係するのか、気になりますね。

  • おまとめローンを組みたいけど総量規制に引っかかりそうで不安
  • 結局いくらまで一本化ができるの?
  • おまとめローンの審査基準はどうなっているの?

おまとめローンの金額に関する以上の疑問に焦点を当て、詳しく解説をしていきます。

おまとめローンは総量規制対象外です

結論から言うと、おまとめローンは総量規制の対象外です。そのため、審査次第では年収の3分の1を超える金額を一本化できる可能性があります。

そもそも、総量規制とはどのような決まりなのでしょう。まずは総量規制について詳しくおさらいをしていきましょう。

総量規制とは?

総量規制とは、借入している総額が年収の3分の1までに制限される決まりのことを言います。

貸金業法が改正される際に、過剰な貸付を防止するために新しく制定されました。年収が300万円であれば、合計で100万円しか借りられないということになります。

ではなぜ、おまとめローンがこの総量規制の対象外になるのでしょうか?

おまとめローンが対象外の理由2つ

おまとめローンが総量規制の対象外となる理由は、以下の2つがあげられます。


理由1.貸金業法で例外として決められているから
理由2.銀行は総量規制の対象ではないから

理由1.貸金業法で例外として決められているから

総量規制では年収の3分の1と決められているとお話しましたが、実はこの総量規制には例外があります。『顧客に一方的有利になる貸付は総量規制の対象外である』、と貸金業法にはっきりと明記されています。

借り換えをすることで顧客の負担が減るおまとめローンは、顧客に有利なローンですので、総量規制の対象外になります。

理由2.銀行は総量規制の対象ではないから

総量規制の対象となる借入は、消費者金融などの貸金業者やクレジットカードのキャッシング枠です。銀行のローンは総量規制の対象となっていません。

そのため銀行でおまとめローンを組む場合は、総量規制にとらわれることなく申し込みができるのです。

規制の対象でないということは、いくらでもおまとめローンを借りることができるのでしょうか。実際には審査をした上で決められた金額しか借りることができません。また、会社によっては独自の規制を設けていることが多いです。

では実際にどれくらい借りることができるのか、次の項目で具体的にケースを挙げて確認していきましょう。

実際にはおまとめローンでいくら借りることができる?

消費者金融と銀行に分け、それぞれの限度額や総量規制との関係を解説します。

消費者金融のケース

プロミス

商品名 貸金業法に基づくおまとめローン
金利 6.3〜17.8%
限度額 最大300万円

アコム

商品名 貸金業法に基づく借換え専用ローン
金利 7.7〜18.0%
限度額 最大300万円

アイフル

商品名 おまとめMAX
金利 3.0〜17.5%
限度額 最大800万円

プロミスやアコムのおまとめローンは、もともと総量規制の対象である消費者金融からの借り換えを前提としています。そのため合計金額が年収の3分の1を超えることはないので、限度額が低めに設定されています。

アイフルの場合、銀行のローンも対象に含めるおまとめローンが用意されているため、限度額が高めに設定されています。

銀行のローンは原則として消費者金融おまとめローンの対象外

おまとめローンは総量規制の対象外だという話をしましたが、これにも条件があります。それは「顧客に有利なローン」であることです。

銀行のローンは利率が高くても14.5%〜15.0%程度と、消費者金融のおまとめローンよりも利率が低めに設定されています。つまり消費者金融でおまとめローンを組むと顧客に損になってしまいます。

そのため、銀行のローンは最初から消費者金融のおまとめローン対象外に設定されています。アイフルは銀行の分もおまとめできる可能性がありますが、審査によっては対象外になるケースもあります。

銀行のケース

銀行の場合、おまとめ専用のローンでおまとめする場合と、用途自由のカードローンでおまとめをする場合の二つに分かれます。いずれにせよ、総量規制の対象ではありません。

東京スター銀行

商品名 おまとめローン
金利 5.8%〜14.8%
限度額 30万円〜1,000万円

※アルバイト・パート・自営業は不可

みずほ銀行

商品名 みずほ銀行カードローン
金利 2.0%〜14.0%
限度額 10万円〜800万円

三菱UFJ銀行

商品名 バンクイック
金利 1.8%〜14.6%
限度額 10万円〜500万円

三井住友銀行

商品名 三井住友銀行カードローン
金利 4.0%〜14.5%
限度額 10万円〜800万円

【イオン銀行】

商品名 イオンアシストプラン
金利 3.8%〜13.5%
限度額 30万〜700万円

【スルガ銀行】

商品名 カードローン
金利 3.9%〜14.9%
限度額 10万円〜800万円

では実際にこれらのローンをおまとめローンで使う場合、どのように限度額が決められるのでしょうか。次の項目でおまとめローンの限度額の算出方法を見ていきましょう。

限度額の計算方法

おまとめローンとは、複数の金融機関から借りている分を1社から借りて完済すること。つまり借入している分全てを一本化できた場合、限度額は残高を合計した金額ということになります。

例:新しい会社に申し込みをしておまとめローンを組む場合

A社 30万円
B社 20万円
C社 20万円

D社でおまとめローンを組む場合
限度額は30万+20万+20万=70万で契約を行い、それぞれの会社を完済します。

ただ、絶対にこれだけの金額を借りられるというわけではありません。実際の限度額は審査によって決定します。一部の金融機関分しかおまとめができなかったり、審査落ちしたりする可能性もあります。

ではおまとめローンの審査の基準は一体どうなっているのでしょうか?次の項目で詳しく見ていきましょう。

おまとめローンの審査基準

おまとめローンの審査の基準は会社によって異なりますが、重要視される点は同じです。ここではおまとめローンの審査において重視される点を4つ紹介します。

  1. 借入している会社数
  2. 年収に対する返済比率
  3. 収入が安定しているかどうか
  4. 年収と総借入金額のバランス

1.借入している会社数

借入している会社の数が多すぎると、それが原因で審査に落ちることがあります。

おまとめローンとは複数の借入を一本化することです。そのため「複数の会社から借入をしていても問題ないだろう」と考えてしまいがちです。しかしいくらおまとめ目的だからとはいえ、限度があります。件数が多すぎると延滞や貸倒になるリスクが高いとされ審査に通りません。

件数に含めるローンの種類(銀行のローン、目的ローンを含めるかどうか)、上限の件数は会社によって異なります。銀行系のおまとめローンの場合は銀行のローンも含めてカウントすることが多いです。

2.年収に対する返済比率

銀行の場合、年収に対してローンの返済金額がどれくらいになるか(返済負担比率)も審査に影響します。

返済負担比率:年間の返済額÷年収×100

年収が300万円、ローン返済額が一年で90万であれば、90万÷300万×100で30%の計算となります。会社ごとにこの比率の上限が設定されており、それをオーバーすると審査落ちします。

この返済額に加算される項目は会社ごとに異なります。住宅ローンや奨学金、携帯電話機器代の割賦払いなどを含む場合もあります。

3.収入が安定しているかどうか

おまとめローンを組んだあとは、その金融機関でずっと返済をしていくことになります。そのため収入の安定性は審査において重要視されることの一つです。

原則として月に1回収入があれば「安定した収入」とみなされます。日雇い・週雇いの場合はどの金融機関でも審査落ちの可能性が高いです。

また、勤続年数が短い場合、それが原因で審査に落ちることもあります。勤続年数が短いと転職をする可能性が高く、貸倒や延滞に繋がるためです。

消費者金融は短くても半年〜1年以上、銀行系のおまとめローンでは1年以上でないと審査通過が厳しくなります。

4.年収と総借入金額のバランス

おまとめローンを組む場合は他社の借入総額分をそのまま融資することになります。総量規制の対象ではなくとも、借入金額が年収に比べて多すぎると審査に通りません。

金融機関によっては「年収の半分まで」「年収の3分の1まで」と独自の規制を設けている会社も珍しくありません。

総量規制対象外でも借りれないケースがある

おまとめローンは確かに総量規制の例外です。しかし、だからといっていくらでも貸してくれるわけではありません。過剰貸し出しを防止するために独自の規制を行っている金融機関が多いのです。

独自規制の例

  • 年収の3分の1まで
  • 年収の半分まで
  • 年収と同じ金額まで

商品概要にははっきりと書かれていませんので、どの金融機関がどれくらい規制しているかはすぐには分かりません。大手銀行など、一般的に「審査が厳しい」と言われる会社は規制が厳しめの傾向があります。

地方銀行など、ある程度融通がきく金融機関の場合は、顧客の状況に応じて利用枠を多めに設定してくれることもあります。

大きな金額を貸りることは、金融機関にとっても私たちにとってもリスクが大きいことです。年収にあった金額を借り、計画的な返済をしていくことが重要です。

まとめ

この記事ではおまとめローンと総量規制の関係について紹介をしました。最後に要点4つををおさらいしましょう。

  • おまとめローンは総量規制の対象外
  • 消費者金融のおまとめローンは銀行より限度額が低め
  • おまとめローンの限度額は審査によって決定される
  • 総量規制対象でなくても借入金額は制限される

おまとめローンは総量規制の対象外

総量規制は総借入額が年収の3分の1に制限される決まりのことですが、おまとめローンは対象外です。また、総量規制の対象は貸金業者からの借入に限られますので、銀行のローンは元々対象ではありません。

消費者金融のおまとめローンは銀行より限度額が低め

アコムやプロミスなどのおまとめローンは、消費者金融からの借り換え・一本化を前提にしているため、銀行に比べると限度額が低く、利率が高く設定されています。

おまとめローンの限度額は審査によって決定される

おまとめローンを組む際には審査が行われます。審査では収入の安定性や年収とのバランス、返済負担比率などが重要視されます。審査の結果、一部の金額しか借り換えができなかったり、審査落ちしたりすることもあります。

総量規制対象でなくても借入金額は制限される

おまとめローンは総量規制対象外ですが、厳しく審査が行われますのでいくらでも借りられるとは限りません。金融機関によって独自の規制を設けているケースもありますので注意しましょう。