消費者金融でおなじみのアイフルにはおまとめローンという商品があります。通常のカードローン商品とは違い、他社の借入を一本化をしたあとに返済だけをしていくローンです。

  • アイフルのおまとめローンの審査基準が気になる!
  • アイフルを使ったことがないけど申し込める?
  • 詳しい申し込み方法を知りたい!
  • おまとめローンの審査に通るかどうか不安!

この記事では、アイフルのおまとめローンに関する上記の質問にスポットを当てて、徹底的に解説をしていきます。

アイフルおまとめローンの特徴

アイフルのおまとめローンの主な特徴は以下の5つです。

  1. 銀行のカードローンなどもおまとめできる
  2. 返済専用のローン
  3. 限度額は最大800万円まで
  4. 契約・融資まで来店不要
  5. 2つのおまとめローンがあるが金利などは同じ

1.銀行のカードローンなどもおまとめできる

アコムやプロミスなど他の消費者金融が展開しているおまとめローンは、貸金業者からの借入のみ一本化に対応しています。しかしアイフルの場合、銀行のローンやクレジットカードのショッピングも一本化可能です。

2.返済専用のローン

消費者金融のローンはカードローン形式で、カードを使ってお金を貸し借りします。ですがアイフルのおまとめローンは返済専用のローンで、追加での融資はできません。

3.限度額は最大800万円まで

他の消費者金融のおまとめローンの限度額は300万円までのところが多いですが、アイフルで一本化が可能な限度額は最大800万円まで。銀行のおまとめローンにもひけを取らない金額設定です。

4.契約・融資まで来店不要

アイフルのおまとめローンはネットで申し込みができ、契約手続きは郵送で行うことができます。郵送で書類のやりとりがありますが、来店をしなくてもおまとめローンが組めます。

5.2つのおまとめローンがあるが金利などは同じ

アイフルのおまとめローンは、アイフルを初めて利用する方向けの「かりかえMAX」と、アイフルと契約がある方向けの「おまとめMAX」があります。現在はどちらのローンも同じ金利、同じ限度額に設定されています。インターネット上の古い情報に気をつけましょう。

この記事では、以上の特徴をふまえた上で、アイフルのおまとめローンの申し込み手順や審査基準などについてくわしく紹介していきます。

アイフルおまとめローンのスペック

商品名 おまとめMAX/かりかえMAX
限度額 1万円〜800万円
利率 3.0%〜17.5%
返済方式 元利定額返済方式
返済方法 口座引落
申し込み条件 20歳以上で定期的な収入がある方

アイフルのおまとめローンは「おまとめMAX」「かりかえMAX」の2つがありますが、どちらもスペックは同じ。アイフルを利用したことがあるかで分けられます。

金利はどちらも3.0%〜17.5%と、銀行のおまとめローンに比べると高めに設定されています。銀行やクレジットカードもおまとめ対象な分、限度額の上限は800万円と高め。

定期的な収入があることが申し込みの条件ですので、専業主婦など自分の収入がない人は申し込みできません。返済方法は口座引落となっており、消費者金融のローンのように追加融資はできません

次の項目では、アイフルのおまとめローンの申し込み手順を見ていきましょう。

アイフルおまとめローンの申し込み手順

申し込み手順は以下の通りです。

  1. 申込
  2. 審査結果連絡
  3. 書類、カードの郵送・返送
  4. 融資

1.申込

申し込みはインターネットもしくは電話より行うことができます。電話での申込時間は10時〜21時まで、専用ダイヤルで受付しています。インターネットから申込むと24時間好きな時に申し込みができ、他社の借入状況を細かく入力可能です。

2.審査結果連絡

審査結果は最短でその日のうちに分かります。ネットで申し込みをした場合、結果連絡はメールで通知されます。電話でも対応可能です。

3.書類、カードの郵送・返送

契約関連書類とカードが自宅に届きます。必要事項を記入し、送り返しましょう。本人確認書類などの必要書類は、コピーを同封するかメールで添付、もしくはインターネット上の書類提出サービスで提出できます。

アイフルに来店できる方は、窓口で契約手続きやカード受取ができます。

4.融資

融資を受けた分で他社へ返済します。他社への返済はアイフルが代わりに振り込むこともあります。

郵送で申し込み手続きができるのは非常に便利ですね。必要書はあらかじめ準備をしておきましょう。次の項目では必要書類について紹介します。

申し込みに必要な書類

契約手続きの際には以下の二つが必要です。

  • 本人確認書類
  • 所得証明書類

本人確認書類

運転免許証(運転経歴証明書)があればそれを優先に提出します。

免許証がない場合は、以下にあてはまる顔写真つきの本人確認書類を提出してください。

  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書/在留カード
  • 個人番号カード
  • その他公的証明書類

所得証明書類

以下のいずれかが所得証明書類として提出できます。最新のものを用意しましょう。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近で2か月分)
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書、納税通知書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 支払調書
  • 所得証明書
  • 年金証書、年金通知書
    (年金以外に収入がある方のみ。年金収入のみの方は申し込みできません)

申し込みの手順や必要書類が分かったらいよいよ実際の申し込みです。申し込みの時に気になる審査基準を紹介します。

アイフルおまとめローンの審査基準は?

アイフルのおまとめローンは様々な情報を組み合わせて審査を行っています。ここでは特に重要視される情報を5つ紹介します。

  1. 他社で長期延滞、債務整理などを行っていないか
  2. 他社での借入件数
  3. アイフルでの返済履歴
  4. 年収
  5. 勤続年数

1.他社で長期延滞、債務整理などを行っていないか

審査の際は必ず個人信用情報を参照し、延滞や債務整理、代理弁済などの異動情報がないか(ブラックになっていないかどうか)を確認します。ブラックの場合は審査には通りません。

2.他社での借入件数

アイフルのおまとめローンは複数社の一本化をねらいとしたローンです。しかし借入件数が多すぎると、件数の多さが原因で審査落ちになります。

インターネットの申し込み画面には5社分の入力欄がありますが、審査に通る可能性を上げたいのであれば多くても3〜4件程度におさえましょう。

3.アイフルでの返済履歴

アイフルを利用中の方、もしくは過去に利用したことがある場合、そのときの取引状況もチェックされます。期日通りに返済をしているのであれば、その取引が評価されて審査に通る可能性が上がります。

過去に延滞を繰り返していたり、代位弁済などのトラブルがあった場合は審査落ちする可能性が高いです。

4.年収

おまとめローンの返済回数は最長10年(120回)まで設定ができますが、おまとめする金額が多いほど返済金額も高くなります。一本化したい金額に対して年収が低いと返済の負担が大きくなるため、審査に通るのが難しくなります。

5.勤続年数

おまとめローンを組んだあとは毎月一定の金額を返済していくことになります。そのため、収入が安定しているかどうかは審査で非常に重要です。勤続年数が短いと収入が安定していないとみなされ、審査に落ちる可能性が上がります。

特にアルバイトやパートで勤続年数が短いと、審査はかなり厳しくなります。とはいえ正社員でなければ審査に通らないというわけではありません。アルバイトやパートでも、審査に通る可能性はあります。

パートやアルバイト、自営業でも審査は通る?

アイフルの場合は消費者金融ということもあり、申し込みをする方は正社員以外の方が非常に多いです。そのためアルバイトでも「きちんと返済を続けられる」と判断されれば審査に通ります。しかし、いくつか気をつけなくてはいけない点もあります。

全てを借り換えできるとは限りません

ご利用の流れのところに「おまとめローンによっても、借入先がアイフル1社のみにならない場合もあります。」と注意書きがあります。

借入がアイフル一社にまとめられればいいのですが、審査によっては限度額を十分に用意できず、一部の会社しかまとめられない可能性があります。

ただ、返済を続けていればその取引が評価され、あまった会社分をおまとめできるようになるかもしれません。

金利は他社に比べると高め

アルバイトでも審査に通る可能性は銀行よりも高いですが、その分アイフルにとっては貸倒のリスクが増えます。それを見越して金利が銀行よりも少し高めに設定されています。新規契約の際はほとんどの場合最高金利(17.5%)となりますので、そのことを踏まえたうえで申し込みをしましょう。

アルバイトや自営業などでも審査に通る可能性はありますが、もし落ちてしまった場合はどうすればよいのでしょうか。考えられる原因を見ていきましょう。

アイフルの審査に落ちる原因4つ

審査落ちの理由ははっきりと教えてもらうことはできません。原因として以下のパターンが考えられます。

  1. 信用情報がブラックになっている
  2. アイフルで過去にトラブルがあった
  3. 借入件数が多すぎる
  4. 収入が不安定である

1.信用情報がブラックになっている

他社で延滞を繰り返していると、「延滞」という異動情報がつけられる可能性があります。異動情報があるとおまとめローンの審査には通りません。

2.アイフルで過去にトラブルがあった

信用情報のブラックは5年〜10年程度で消えますが、アイフルでの取引情報はそれ以上経過しても消えません。過去にアイフルを利用していて、延滞や貸倒など大きなトラブルがあった場合は審査に通過できません。

3.借入件数が多すぎる

どれほど年収が高くても、借入件数が多すぎると審査に落ちます。金額よりも借入をしている件数のほうが重要視されますので注意しましょう。

4.収入が不安定である

勤続年数があまりに短い、収入が定期的でないなど、収入が不安定とみなされると審査に落ちます。

では、審査に落ちたら具体的にどのような行動をとればいいのしょうか?次の項目で確認をしていきましょう。

審査に落ちたら具体的に何をすればいい?

審査に落ちてしまった時には、以下の4つの対策をしましょう。

  1. 半年〜1年経過後に再度申し込みをする
  2. 借入件数を減らす
  3. 信用情報を開示し異動情報がないか確認する
  4. 債務整理の検討

1.半年〜1年経過後に再度申し込みをする

勤続年数が短いなど、収入の不安定さが原因で審査に落ちた場合は、勤続年数が伸びると審査に通る可能性があります。

2.借入件数を減らす

繰り返しになりますが、借入件数が多すぎると審査に通りません。借入している総額が少なくても、件数がネックで審査に落ちることはよくあります。完済できそうなものは完済する、限度額に余裕があれば一旦そこで小さなおまとめをするなど、件数を減らすことに努めましょう。

3.信用情報を開示し異動情報がないか確認する

延滞などが原因でブラックになっても、本人に通知などは一切ありません。他社でよく延滞をしていて、どうしても審査に通らないという方は信用情報を確認しましょう。

アイフルは信用情報機関のJICCとCICに加入しています。スマホから開示申し込みができるようになっていますので、心当たりのある方は確認をしてみましょう。

4.債務整理の検討

アイフルに申し込みをしたのに一部借り換えさえもできなかった、という方の中には、返済に追われて生活が困窮している方もいるのではないかと思います。

審査に落ちるということは、それだけ第三者から見て金銭的に苦しいということです。デメリットはありますが、債務整理も選択肢に入れるとよいかもしれません。

ここまでで、アイフルのおまとめローンの特徴、審査の基準などを紹介しました。その情報を元に、アイフルがどういう方に向いているのかをまとめました。迷っている方は参考にしてみてくださいね。

アイフルおまとめローンはこんな人に向いています!

  • アイフルを利用していて、返済をきちんとしている方
  • 消費者金融からの借入をまとめたい方
  • 他の銀行のおまとめローンを検討しているが、自信がない方
  • 来店する時間がない方

アイフルを利用していて、返済をきちんとしている方

アイフルを既に利用している方、過去に利用していた方の場合、その時の取引状況も審査に影響します。期日どおりに返済をしていた場合は審査に有利になります。逆に、延滞などをしていた場合は審査に落ちる可能性が高くなるので気をつけましょう。

消費者金融からの借入をまとめたい方

アイフルのおまとめローンは他のローンに比べると金利が高い傾向があります。銀行の借入もおまとめ対象ではありますが、支払い利息の軽減はあまり期待ができないのが現状です。そのため、金額が低めで金利が高い消費者金融のおまとめに向いています。

他の銀行のおまとめローンを検討しているが、自信がない方

アイフルのおまとめローンは銀行のおまとめローンよりも金利は高いですが、審査に通れば借入件数を減らすことができます。
借入件数が少なければ、より審査の厳しい銀行のおまとめローンに通る可能性も上がります。アイフルでまとめたあと、銀行のローンに申し込みをしても問題はありません。

「銀行のおまとめローンに通りたいけれど借入件数が多くて不安」という方は、まずアイフルでのおまとめを検討してみてください。

来店する時間がない方

アイフルのおまとめローンはインターネット・郵送で手続きができるのが特徴です。書類を発送する手間はかかりますが、来店に時間がとれない、という方にはオススメです。

まとめ

この記事ではアイフルのおまとめローンの特徴や審査基準について紹介をしました。最後に要点をまとめましょう。
要点は以下の4つ。

  • おまとめローンは2種類とも同じスペックの商品
  • インターネットから申し込みができて来店不要
  • アイフルで優良な取引をしていた方はチャンス
  • 限度額は高いが金利は低くないことに注意

おまとめローンは2種類とも同じスペックの商品

アイフルのおまとめローンには「かりかえMAX」「おまとめMAX」の2種類があります。アイフルの利用歴があるかどうかで分けられていて、かつては限度額・金利が違う商品でした。しかし現在はどちらも限度額800万円まで、金利は3.0%〜17.5%と、スペックが同一の商品になっています。

インターネットから申し込みができて来店不要

現在はおまとめローンもインターネットから申し込みができるようになりました。申し込みの際には他社の借入状況を細かく入力できるようになっています。契約手続きも郵送でできるようになりました。

アイフルで優良な取引をしていた方はチャンス

アイフルでの利用があり、期日どおりに返済をきちんとしていた方は、それが審査によい方向に働く可能性が高いです。逆にアイフルで大きなトラブルがあった方、延滞を繰り返していた方は審査落ちするかもしれません。

アイフルを使ったことがないで方も「かりかえMAX」に申し込みができます。金利・限度額や申し込み手順は既存会員用のローン「おまとめMAX」一緒なので安心してくださいね。

限度額は高いが金利は低くないことに注意

銀行のカードローンなども借り換えの対象なので、他の消費者金融のおまとめローンに比べると限度額がかなり高い設定です。しかし最高金利は17.5%と、銀行のローンに比べると高く、消費者金融とあまり差がない点に気をつけましょう。