すぐにお金借りたい!最短1時間融資可能なカードローン

  1. SMBCモビット

    モビット

    ・10秒簡易審査で結果がすぐわかる!
    ・WEB完結申込で郵送物/電話連絡なし!
    ・近くの銀行/コンビニで24時間利用可能

  2. アコム

    アコム

    ・はじめての人は最大30日間利息0円
    ・最短30分で審査回答!
    ・最短1時間融資も可能

  3. プロミス

    プロミス

    ・はじめての人は30日間無利息
    ・郵送物なし、カードレスで誰にもバレない
    ・WEB申し込みで最短1時間融資も可能

  4. アイフル

    アイフル

    ・はじめてなら最大30日間無利息
    ・審査回答は最短30分!即日融資も可能
    ・誰にも知られずに利用可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

お金を借りる方法

お金を借りる方法は1つだけではありません。色々な方法があるからこそ、それぞれにメリットとデメリットがあります。どこに行ったら借りれるのかを知っておけば、困ったときに役立ちます。この記事は数千円〜数千万円まで、お金を借りる方法の全てをまとめています。最後まで読むことで、自分にピッタリの方法が必ず見つかります。お金が必要になった時に参考にしてください。

お金を借りることが出来る方法

世の中にはお金を貸してくれるサービスが多数あります。ここでは、中でもよく利用されているものをまとめています。

クレジットカード

最も手軽にお金を借りれる方法がクレジットカードです。普段の買い物で使うショッピング枠の他に、現金を借りることができるキャッシング枠というものが用意されています。最大で数十万円を限度額としているため多額の借金には向きませんが、ちょっとした生活費の足しや持ち合わせが無い時に便利です。

消費者金融

アコムやプロミスなどの消費者金融でお金を借りる方法もあります。カードローンを契約すれば、限度額まで何度でも借りることができます。多額の融資には対応していないので、生活費の足しや冠婚葬祭、ちょっとした買い物などに使用することに向いています。審査が早く、すぐに借りれる利便性の高さが特徴です。

銀行

個人でお金を借りるなら、一番利用する頻度が高くなるのが銀行です。生活費などの少額融資であればカードローン、自動車や家の購入といった高額融資なら目的別ローンがあります。銀行は総量規制の対象外なので、年収を超える金額を借りることができます。どんなシーンでも対応できるローンが用意されているため、お金を借りたい時は銀行というイメージを持つ人も少なくありません。

市役所

低所得や高齢で生活に困窮している場合や、障害者のため生活が安定しないといった人であれば、市役所や区役所でお金を借りることができます。金融業者のローンと違い社会福祉制度の一環なので、利用できる条件が厳しいのが特徴です。生活費の足しや買い物等の理由では審査に通ることはありません。困窮状態から抜け出し、文化的な生活を送れるように支援することが目的なので、市役所や区役所からお金を借りれるのは一部の限られた人だけです。

人としての最低限の生活が危ぶまれる時には、国からお金を借りることもできます。生活困窮者はもちろん、急病や怪我で入院費や治療費が払えない時にも借りることができます。お金が理由で進学を諦めざるを得ない人をなくすために、教育費を貸し出してくれる制度も用意されています。民間企業のローンと違う点は、あくまで最低限の貸し出しに限られることです。その代わり低金利で長期間の利用が可能なため、セーフティーネットとしての利用が想定されます。

生命保険

もし、生命保険を契約しているのであれば、それを担保に生命保険会社からお金を借りることができます。積み立てているお金を担保にするため、限度額は契約内容によって異なります。多額の融資はできませんが、低金利な上に保険を解約しなくていいというメリットがあります。気軽に使えることから、冠婚葬祭や急な出費があった時に便利です。

銀行でお金を借りる方法

銀行は借りたい額や目的に応じて、様々なローンを用意しています。中でも最も手軽に利用できるのがカードローンです。使用用途が自由でお金を借りる目的を伝える必要がないため、好きな時に希望する金額を借りることができます。初回利用の際に審査があり、年収を基準に限度額が設定されます。その範囲であれば、コンビニATMなどでいつでもお金を借りることができるので非常に便利です。金利は最大でも14%程度に設定されていることが多く、借りる額が多くなるほど低金利になります。消費者金融に比べて低めなので、日常的に利用する人が多いようです。もし、「自動車を購入したい」「教育費を借りたい」ということであれば、マイカーローンや教育ローンを利用する方法もあります。これらは目的別ローンと呼ばれ、使用用途が限られます。書類の提出が多く審査時間も長めですが、カードローンに比べて低金利でお金を借りることができます。住宅購入費を借りたいのであれば、住宅ローンを使えば数千万円借りることができます。多額の融資になるほど審査基準も厳しくなってきますが、その分借りれた時の金利は低くなります。このように、銀行には目的に応じたローンがいくつも用意されているため、自分のライフスタイルに合わせることができます。

消費者金融でお金を借りる方法

消費者金融からお金を借りるなら、カードローンを利用します。使用用途が自由なので、限度額の範囲内で好きな時に自由にお金を借りれます。ただし消費者金融には総量規制というものがあり、借りれるお金は年収の1/3までです。全ての借金の合算が年収の1/3以下である必要があるので、既に他社で借入していれば限度額はその分減ります。カードローンの初回利用時に審査があり、この際に収入証明書を提出して限度額が決められます。無事に審査に通ってカードが発行されれば、全国のコンビニATMなどでカードローンを利用できます。金利は最大で18%程度に設定されていることが多く、銀行に比べるとやや高めです。それでも消費者金融を利用するのは審査が早いからです。業者によっては最短30分程度で審査が完了することもあり、全国に設置されている自動契約機を使えばその日のうちにお金を借りることができます。金利が高くても利用する人がいるのは、急な出費に対応できるからです。消費者金融ならではのサービスとして、無利息期間を設ける業者が増えてきました。初回の利用に限り一定期間の利息を無料にすることで、消費者金融に抵抗がある人でも気軽に試せるようにしているのです。消費者金融を利用するのが怖いと思っている人は、一度無利息キャッシングを利用してみるのも良いでしょう。

5万円借りる方法

「5万円借りたい」と思った時、どんな方法を思い浮かべますか?あまり高額ではないから、友達などの身近な人に頼ることも多いでしょう。しっかりした理由があれば借りれない金額ではありません。しかし、主婦が生活費の足しに5万円借りたいと思った時には頼れる人は限られます。人がお金を必要とする場面は様々です。数万円を借りるための方法とそれぞれのメリットとデメリットを知っておきましょう。

友達

数万円程度であれば、最も身近な友達に頼るのも1つの方法です。「次のバイト代で返す」「ボーナスが出たら必ず返す」と返済時期を伝えた上で、何に使いたいのかを説明するのが一般的です。友達であれば審査が必要ないし、わざわざカードローンを契約しなくてもいいので気軽に思えます。しかし、友達あっても借金であることには変わりないので借用書を用意しましょう。友達からお金を借りることができるのは、日頃から築いてきた信頼関係があってのことです。お金の貸し借りで縁が切れるほど悲しいことはありません。しっかり借用書を用意してお金の動きを記録しておきましょう。同時に、『友達からお金を借りる人』がどう思われているのかも知っておくことをおすすめします。

友達からいくら借りれる?どんな理由を話したらいい?

彼氏や彼女

友達の次に思い浮かべるのが恋人という人も多いかもしれませんが、彼氏や彼女からお金を借りるのはどうでしょう。生活に関する情報をある程度共有している間柄なら、意外と借りやすいかもしれません。しかし、金銭の貸し借りが発生すると、借す側と借りた側の間に上下関係が発生してしまう可能性があります。お互い対等な立場ではいられなくなり、気まずさを覚えて破局に繋がるケースもあるようです。結婚を考えているカップルなら、それがきっかけで彼氏や彼女に『お金に対してルーズな人』というイメージを持ってしまうこともあるようです。恋人とのお金の貸し借りでギクシャクしてしまう最大の原因は「何でお金を借りたいのか」という点です。やむにやまれぬ事情があって、恋人もそれを理解してくれているならお金を貸してくれる可能性があります。しかし、飲み代やギャンブルといった理由では間違いなく関係に傷が入ってしまいます。ネット上の口コミでも、彼氏や彼女からお金を借りることに対する意見は賛否両論です。

お金を借りたい時、最も身近で頼れる存在が親です。多少言いづらい理由があったとしても最終的には理解をしてくれることも多く、親からお金を借りるというのは割とポピュラーな方法と言えます。それでも、親子の間であってもきちんと理由を話す必要があります。借りやすさの指標は、日頃の親子関係が大きく影響するので一概には言えません。

クレカ

クレジットカードに付いているキャッシング機能を使えば、5万円ならすぐに借りることができます。あえてキャッシング枠を付けていない場合を除けば、大抵の場合10万円程度の枠が与えられています。キャッシングが利用できる状態であれば、コンビニのATMにクレジットカードを入れるだけでお金を借りることができます。理由を説明する必要も無いため、クレジットカードを持っている人はこの方法が一番簡単と言えるでしょう。金利が18%程度に設定されているため、5万円を1ヶ月間借りた時の利息は約740円です。

10万円借りる方法

急な冠婚葬祭や、ちょっとまとまったお金が必要になるシーンは多々あります。「10万円借りたい」と思った時、誰を頼るのが一番いいのでしょうか?さすがに10万円ともなると友達や恋人を頼るのは気が引けます。そこで、10万円を借りたい時に考えられる方法をまとめました。

冠婚葬祭などのハッキリとした理由があれば、親を頼る方法もあります。親からお金を借りる理由として多いのが、「生活費が足りない」「結婚式がある」「免許を取りたい」というものです。どれも貯金があれば乗り越えられるものですが、必ずしも貯金があるとは限りません。「次の給料で返す」「いつまでに返す」としっかり返済期日を決め、お金を貸してもらえないかどうか相談してみましょう。

クレカ

話しにくい理由で親から借りるのは気が引けるという人は、クレジットカードのキャッシング機能を利用しましょう。利息は発生しますが、理由を話す必要はありません。利息を計算するためには、[借入額×金利÷365×借入日数]の式に数字を当てはめます。クレジットカードの金利は大抵18%なので、10万円を1ヶ月借りた場合の利息は約1,500円です。

カードローン

キャッシング枠がない場合や既に枠が一杯で使えない時は、カードローンを利用しましょう。利用方法はクレジットカードと同じで、ローンカードをコンビニATMなどに入れるだけです。契約に時間がかかるため、先に契約して常に1枚持っていると大変便利です。銀行カードローンなら金利が安く、クレジットカードよりもお得にお金を借りることができます。消費者金融は銀行に比べると金利が高いのですが、審査が早いので即日融資も可能です。急いで10万円借りたい時には頼りになります。カードローンの使用用途は自由なので、借りたお金を何に使うか申告する必要はありません。人に話せない理由がある時には、カードローンを使うのがおすすめです。

500万円借りる方法

数十万円程度であれば、お金を借りる方法は数多く用意されています。審査のレベルもそう高くないことから、あまり苦労することはないでしょう。しかし、100万円を超える融資となれば話は変わります。総量規制も関係してくるため、消費者金融から借りることは難しくなり、多額の融資に対応している銀行から借りることがメインになってきます。それでも、必ず希望額を借りれるとは限りません。審査も厳しくなってくるので、使用目的をハッキリさせておく必要があります。

自動車ローン

数百万円を借りる理由として多いのが、自動車の購入です。高額商品の購入に当たるため、多くの人が年収以上の額を借りることになります。その時に利用したいのがマイカーローンです。自動車の購入を目的とした借入に特化したローンで、それ以外の用途には使用できません。マイカーローンは総量規制の対象外なので、年収の1/3以上の額を借りることが可能です。ローンを使って購入する車を担保にすることで金利を抑えているので、普通にお金を借りるより低金利です。マイカーローンを扱っているのは、銀行の他にもディーラーや労金などがあります。それぞれに特徴があり、金利やサービス内容も異なるため、自動車を購入する際にはよく比較しましょう。

目的別ローン

学費の捻出や自宅のリフォームなど、自動車の購入以外にも多額の費用が必要となることがあります。その時に利用したいのが目的別ローンです。学費が必要なら教育ローン、リフォーム代が必要ならリフォームローンというように、お金を借りる目的に合わせてローンが用意されています。どんな種類のものが用意されているのかは金融機関によって異なり、自分の目的に見合ったローンを用意している銀行と契約することになります。金利は目的別に分けられており、借りたお金の使い道を証明する書類を申込時に提出します。その時に伝えた用途以外に使うことは認められていないので、必ず目的に合わせたローンを契約しましょう。

フリーローン

目的別ローンに自分が希望するものが無かった時に利用したいのがフリーローンです。フリーローンの使用目的として多いのが、結婚資金や旅行、高額家電の購入などです。これらは金融機関側が細かく専用のローンを用意していることが少ないため、フリーローンでお金を借りることになります。使い道は自由ですが、借りたお金を何に使うのかを証明する書類を申込時に提出しなければいけません。名前こそフリーローンですが、借りたお金を自由に使っていいというわけではなく、多額のお金を必要とする理由を好きなものに設定できるという意味です。限度額は300万円程度のところもあれば、最大で1,000万円としているところもあります。自分がいくら必要としているかに応じて金融機関を選ぶことになります。

カードローン

銀行カードローンの中には、限度額が500万円以上に設定されているものも数多く用意されています。審査次第ではありますが、年収が高ければ多額の限度額が与えられる場合があります。カードローンなら使用用途を告げる必要もないため、一番手軽にお金を借りる方法と言えます。ただし、目的別ローンやフリーローンと比べると金利が高いため、使用用途がハッキリしているのであればカードローンを利用するメリットはありません。

1000万以上借りる

高額な買い物をする時こそお金を借りる必要があります。マイホームの購入や事業資金の借入など、1000万円を超える融資が必要な場合、どんな方法があるのか紹介します。

マイホームの購入で多いのが、親からお金を借りる方法です。いくら低金利であっても多額の融資となれば利息は大きくなります。無金利で借りれる親ならその心配もないため、できることなら貸してもらいたいという人も多いのではないでしょうか。しかし、特定の金額以上のやり取りが発生するのであれば贈与税の対象となってしまう可能性があるのです。親から借りているといっても、それを証明することができなければ贈与とみなされ課税対象となります。そうならないためにも用意したいのが借用書です。親子間であっても金利を設定し、きちんと書類を交わす必要があります。そして、返済を銀行振り込みにして記録を通帳に残すなどの工夫をし、毎月きちんと返済している証拠を残しておく必要があります。しっかり守らないと多額の税金を払うことになってしまうので注意しましょう。

住宅金融支援機構

マイホームの購入で利用する人が多いのが、住宅金融支援機構が用意している住宅ローンです。中でも、銀行と住宅金融支援機構が提携して貸し出しを行っている”フラット35”が有名です。最長35年の住宅ローンで、固定金利であることが最大の特徴です。変動金利は利息に応じて返済額が変わってしまいますが、固定金利なら返済額が一定です。フラット35は固定金利のため返済計画を立てやすいことや、保証料や繰り上げ返済の手数料が無料であることから、計画的にローン返済をしたい人に人気です。団体信用生命保険に加入できるので、債務者に万一のことがあっても安心です。これらが親から借りることとの違いであり、住宅金融支援機構からお金を借りるメリットと言えます。ただし、借入条件や購入する住宅の制限などがあるので、申込みの際には下調べが必須です。

銀行

住宅ローンは銀行でも取り扱っています。銀行の住宅ローンは大きく分けて2種類に分類され、先に紹介した住宅金融支援機構と提携して提供するフラット35と、各銀行が独自に用意している住宅ローンがあります。各銀行が用意する住宅ローンは金利や手数料がそれぞれ異なり、どれが自分に合っているか比較する必要があります。独自のメリットを打ち出している銀行も多く、例えばイオン銀行であれば住宅ローン契約者向けに、グループ企業のスーパーで受けられる割引を用意するなどの特典があります。どの銀行でも債務者の万一に備えた団体信用生命保険を用意しているため、安心して住宅ローンが組めます。

融資(事業資金)

事業資金も銀行で借りることができます。店頭やコールセンターで相談の上申し込むことができ、事業計画書や決算書の用意をする必要があります。最大で1億円の資金調達を可能とする銀行もあり、中小企業などが融資を受けるには十分な限度額が用意されています。
事業資金は銀行の他にも、国や市町村、日本政策金融公庫から借りることも可能です。借りる方法は企業の規模や融資金の大小で異なります。これから起業する人向けの融資もあるので、事業資金を借りたいと考えている人は一度各金融機関の融資制度を確認しましょう。

無職だけどお金借りたい

仕事をしていないのにお金を借りるのはほぼ不可能です。なぜなら、民間の金融機関は安定した継続収入があることを申込みの条件にしているからです。借りたお金は仕事の給料から返済することになるので、無職であれば当然無給です。返済のあてがないとみなされて審査には通らないでしょう。無職で生活に困っている場合は、ハローワークで失業保険を受け取るか市役所や区役所の貸付制度を頼りましょう。返せる予定のない借金は多重債務の始まりです。無職でも貸し出しできると謳っている金融業者は闇金などの疑いがあるので、絶対に利用しないようにしましょう。

専業主婦(主夫)だけどお金借りたい

専業主婦(主夫)も、金融機関の分類上は無職となります。消費者金融は年収をベースに貸し出せる額を決めているため、専業主婦はお金を借りることができません。ただし、一部の消費者金融では配偶者貸付という制度を用意していることがあります。これは、現在仕事をしている夫か妻のどちらかに収入があれば、それを担保にお金を借りることができる制度です。つまり、主婦(主夫)であっても配偶者に安定した継続収入があればお金を借りれるのです。借りれる限度額は総量規制の関係から年収の1/3までなので、申込時に配偶者の収入証明が必要となる場合があります。他にも、配偶者の同意書や婚姻関係を示す書類の提出が必要です。銀行カードローンは総量規制の対象外なので、専業主婦(主夫)に融資を行うかどうかは独自の審査で決まります。

市役所(区役所)でお金を借りる方法

「無職で生活に困っているけど頼れる家族がいない」という場合は、市役所や区役所の貸付制度を利用しましょう。役所は生活に困窮している低所得世帯や高齢者世帯、障害者世帯を対象に生活福祉資金貸付制度というものを用意しています。生活保護との併用も可能なので、どうしてもお金を借りたい事情があれば現在住んでいる市町村の市役所または区役所に相談してみましょう。

区役所区でお金を借りる方法の詳細

国でお金を借りる方法

役所と同じような支援制度に、国の行っている総合支援資金貸付というものがあります。住んでいる市町村の社会福祉協議会に申し込むことで利用できる同制度は、生活の再建に使うお金を借りることができます。借りたお金は住宅を借りる際の初期費用や、就職活動に使う費用として利用できます。連帯保証人がいれば無利子で、いなくても年1.5%の超低金利で借りれます。ただし、条件や審査基準が細かく決まっているので、社会福祉協議会に相談してみることをおすすめします。それとは別に、急な入院や被災など、止むに止まれぬ事情で一時的にお金が必要な時に使える、緊急小口資金貸付という制度もあります。

学生だけどお金借りたい

生活に困っているのは学生も同じです。学生がお金を借りるためには、20歳以上でアルバイトをしていることが最低条件です。これだけ満たしていればカードローンの契約が可能です。年間のバイト収入の1/3以下で限度額が決まるので、借りれる額は10〜30万円程度と高額ではありません。未成年の学生がお金を借りたいのであれば、学生ローンの利用も検討しましょう。学生ローンであってもアルバイトをしていることは最低条件ですが、業者によっては18歳や19歳でもお金を貸してくれる所があります。限度額は10万円程度とそう高くはありませんが、当面の生活費や急な出費には十分対応できる額でしょう。むやみに借入額を増やすと多重債務に陥る可能性があるので、限度額の範囲内で上手にやりくりする工夫が必要です。また、内定が決まっているだけではお金を借りることができません。内定はあくまで就職が決まっているだけの状態なので、収入は発生していません。繋ぎでアルバイトをするなどで収入を作り出してカードローンに申込みましょう。

未成年だけどお金借りたい

銀行や消費者金融からお金を借りることができるのは基本的に20歳以上と決まっています。未成年は契約を取り消すことができる法律があるため、金融機関は未成年と契約を交わす事を避けます。もし、未成年がお金を借りたいのであればクレジットカードを契約し、キャッシング枠の審査を申し込むのがおすすめです。クレジットカードは18歳以上なら申込み可能としている業者も多く、審査でキャッシング枠が認められればその範囲でお金を借りることができます。ただし、限度額は10万円程度になることが多いので、多額の借金はできないと考えておきましょう。可能であれば親を頼るなどの方法が無難です。

フリーターだけどお金借りたい

フリーターがお金を借りるのはそう難しい話ではありません。カードローンの申込条件は、必ずしも正社員に限定されているというわけではないのです。安定した継続収入があることと保証会社の保証が受けられることを重視しているので、フリーターであっても毎月給料をもらっていれば問題ありません。限度額は年収の1/3以下になるので、バイト先からもらえる給与明細や源泉徴収票などで月収と年収を確認しておきましょう。在籍確認の有無や提出書類の種類は正社員と全く同じです。

フリーターが借入する方法

個人事業主だけどお金借りたい

個人事業主がお金を借りたい時と言えば、生活費に使うか事業用のお金を借りるかのどちらかです。個人事業主でもカードローンでお金を借りることは可能です。安定した継続収入があることが条件なので、毎月収入があれば問題ありません。月によって収入がまばらだったりすると、限度額が引き下げられたり収入証明書類の提出を求められる可能性があります。フリーランスで細々と仕事をしている人は注意が必要です。また、カードローンで借りたお金を事業資金に使うことは禁止されており、発覚した場合は一括返済を求められることがあります。事業資金を借りたい場合は、専用のビジネスローンを利用するようにしましょう。もちろん、事業資金であれば日本政策金融公庫や銀行の融資を活用することも可能です。その場合審査に時間がかかるので、余裕を持って申し込むようにしましょう。

ブラックだけどお金借りたい

過去に契約したローンで遅延や延滞を起こした場合、個人信用情報機関にその履歴が残ります。これを異動情報や事故情報と呼び、そこに履歴が登録されることをブラックリストに載ると表現します。銀行や消費者金融は審査の際、必ず個人信用情報機関の情報を参照します。情報は全社共通なので、どの金融機関で事故を起こしても全ての会社に筒抜けになります。ブラックリストに載るということは、当然信用を失っている状態です。その状態の人にお金を貸し出してくれる金融機関はまずありません。この情報は5年〜10年保管され、その間はどこからもお金を借りることはできません。万が一、ブラックでも融資可能と謳っている業者があれば、法外な金利でお金を貸し出す闇金融である可能性が高いでしょう。信用できる大手の金融機関からお金を借りたいのであれば、信用情報が消えるまで待つしかありません。

今日中にお金を借りる方法

今すぐお金を借りるは2つあります。1つ目はクレジットカードを持っているならキャッシング枠を使うことです。コンビニや銀行のATMにクレジットカードを入れれば、10万円程度であればすぐに借りれます。2つ目は即日融資可能のカードローンを契約することです。午前中までに申込みと書類の提出を済ませれば、その日のうちに審査が終わって契約できます。無人契約機でカードを受け取れば、その場ですぐにお金を借りることができます。カードローン会社の中には振込融資をしてくれるところもあるので、審査完了と共に銀行口座にお金を振り込んでもらえる場合もあります。

土日にお金を借りる方法

急用で土日にお金が必要になった場合、10万円程度であればクレジットカードを利用しましょう。キャッシング枠を使えばコンビニでお金を借りることができるので便利です。すぐに返せば利息も数百円で済むので、緊急時の方法として覚えておきましょう。土日にカードローンを契約するとなると、在籍確認の問題が発生します。書類の提出で在籍確認なしにできる消費者金融もありますが、それ以外は基本的に在籍確認は必須です。土日に勤務先の会社が営業していなければ、暫定的に10万円程度の限度額で契約することになります。年末年始やゴールデンウィークなどの長期休暇も扱いは土日と同じです。金融機関が営業していなければお金を借りることはできません。カードローンは年会費等は一切かからないので、あらかじめ平日のうちに契約しておくことをおすすめします。そうすれば、土日であっても低金利でお金を借りれます。

コンビニATMでお金を借りる方法

クレジットカードやローンカードがあれば、コンビニATMでお金を借りることが可能です。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート等の主要なコンビニはほぼ全ての店舗で利用できます。利用方法はカードをATMに入れるだけで、自動的にそれに対応した画面に切り替わります。キャッシングを選んで暗証番号と借りたい金額を入力すれば現金が出てきます。ATMで預金を引き出す操作と変わりません。金融業者によってはコンビニATMでお金を借りる際の手数料を無料にしていることもあるので、時間外手数料を払って預金を引き出すよりお得な場合もあります。例えば、土曜日にコンビニATMで預金から3万円を引き出すと手数料は216円ですが、カードローンなら無料です。月曜日に3万円を返済すれば利息は30円程度なので、結果キャッシングの方がお得です。こうした活用方法もあるので覚えておきましょう。

家族に内緒でお金借りる方法

お金を借りていることが家族にバレるとしたら、郵送物が原因です。カードローンの利用明細が自宅に郵送されるタイプだと、家族が開封してしまいバレてしまうというケースがあります。間違って開けてしまうパターンもありますが、家族宛に消費者金融から郵送物が届けば心配になって開封するということも考えられます。そうした点を考慮して、最近は封筒に会社名を記載しない等の配慮がされていますが、それでも対策は万全とは言い切れません。家族にバレないようにしたければ、郵送物なしのカードローンを契約しましょう。申込時にWebから利用明細を確認するタイプを選択すれば、郵送物をなくすことができます。ただし、ローンカードを郵送にしてしまうと、自宅に届いてしまうので意味がありません。自動契約機でカードを受け取るようにしましょう。返済を共有の口座に設定すると、引き落とし履歴からバレることもあるので注意しましょう。

お金を借りるなら知っておきたいこと

キャッシングやカードローンが身近になったとは言え、借金であることに変わりはありません。金融業者と契約を交わした上でお金を借りるわけなので、その内容については知っておく必要があります。きちんと仕組みを理解していれば何も恐れることはありません。ルールを守って賢く使いましょう。

審査のこと

お金を借りる上で最も重要なのが審査です。審査で確認されるのは以下の5点です。

・年収
・勤め先
・勤続年数
・他社借入件数
・信用情報

年収と勤め先は、審査条件にある『安定した継続収入』を確認するためのものです。毎月いくらの収入があって、勤め先はどれくらいの規模の企業であるかを確認します。もちろん収入は多いほうが、勤め先は大企業である方が審査は有利です。勤続年数も長いほうが社会的な信用度が高いため有利です。公務員は基本的に終身雇用なので審査においては最高ランクの評価になります。しかし、これらが完璧であっても他社借入件数や信用情報に問題があれば審査結果が変わります。現在他社でも借金をしている状況であれば、何社からいくら借りているのかが調べられます。これらは個人信用情報機関に登録されている情報で確認できるので、ここに問題がある旨が掲載されていると審査に影響します。総量規制の基準にもなっている、年収の1/3以下が借金の目安とされています。既にそれに近い額を借りていれば、審査に通る確率は下がります。過去に金融事故を起こしていたり、債務整理を行っていればそれもマイナス評価となります。これらの情報を全て確認した上で、『貸したお金を返してくれそうかどうか』を判断するのが審査です。意外にも、正社員かどうかはあまり関係ないのです。

保証人の事

カードローンに保証人は必要ありません。それは代わりに保証会社が間に入ってくれるからです。保証会社は消費者金融が兼業していることが多く、銀行カードローンの審査は消費者金融が行っていることが多いのです。審査基準に『保証会社の保証を受けられること』と記載があるのはそのためです。万が一、借金を途中で返せなくなったら保証会社が債務者に代わってローンを返済します。お金を貸している会社はこれで貸し倒れを防ぐことが可能です。しかし、肩代わりしてくれたからといって借金が帳消しになるわけではありません。今度は肩代わりしてもらった分を保証会社に返済しなければいけません。保証会社はカードローンより高金利で返済を迫るので、間違いなく債務の額が大きくなります。場合によっては一括返済を求められることもあるので注意しましょう。保証人が必要ないのはこうした仕組みがあるからです。

担保のこと

万が一借りたお金を返せなくなった時、債務の代わりに差し押さえられてしまうものを担保と言います。最も有名な有担保ローンは自動車ローンと住宅ローンです。これらは低金利で借りることができますが、それは購入した車や住宅を担保にしているからです。自動車の名義がローン会社になっている場合は、返済が滞った時に差し押さえられます。住宅には抵当権というものが設定され、返済が滞ると競売にかけられます。担保があるから多額のお金を低金利で貸すことができるのです。一方、カードローンは無担保ローンなので担保が必要ありません。なぜかと言うと、自動車や住宅ローンに比べて限度額が少ないからです。数十万円の貸し出しの度に担保を設定していれば、融資に時間がかかってしまい使い勝手が悪くなります。必要な時にすぐにお金を借りることができるのがカードローンなので、限度額を低めにして担保の設定を省略しているのです。有担保ローンに比べて金利が高いのはそのためです。それぞれにメリットとデメリットがあるのでよく覚えておきましょう。

年収のこと

消費者金融は総量規制という法律が適用されます。これは年収の1/3以上の貸し出しを制限するものです。例えば、年収300万円の人であればカードローンで100万円以上の借入はできません。そのため、借金をする上で年収というのは非常に大切なものなのです。銀行は総量規制対象外ですが、限度額を決める基準は年収です。年収が多ければそれだけ借りれるお金も多くなるという仕組みです。中には、年収300万円以上のみ申込み可能という条件を設けているカードローンもあり、いかに年収が重要であるかが分かります。ただし、単純に年収が多いだけでは審査の条件を満たしているとは言えません。すでに他社で多額の借入をしていれば、年収が多くても審査に落ちることがあります。総量規制は全ての借金の総額が年収の1/3以下であることが条件です。他社でお金を借りていればその分限度額は少なくなります。他にも、12ヶ月間安定して得た収入による年収であることが重要です。フリーランスや個人事業主に多いのが、毎月の収入は安定していないものの定期的に大きな額の振込があるというパターンです。一見年収は多く見えますが、審査条件の安定した継続収入には該当しません。審査の際には収支のバランスや月収も重視されるので、十分注意しましょう。

必要書類のこと

お金を借りるにあたり、必ず提出しなければいけない書類があります。どのローンを契約するにしても、本人確認書類は絶対に必要です。本人確認書類は運転免許証や健康保険証が有効な書類として認められています。誰かわからない人にお金を貸してくれる金融業者はないため、申込みの前に絶対に用意しておきましょう。また、借りる額が大きくなれば収入証明書類も必要となります。カードローンの場合、50万円以上の借入を希望すると収入証明書類の提出を求められることが大半です。収入を証明するものとして有効なのが、源泉徴収票や住民税決定通知書です。個人事業主であれば納税証明書や確定申告書が有効です。必ず公的な書類であることが求められますが、源泉徴収票などが用意できない場合は給与明細書で代用できることもあります。必要な書類が全て用意できない場合は、申込みの前に別の書類で代用できないか相談してみましょう。これらはカードローンをはじめとするほとんどのローンで必要となる書類です。自動車ローンや住宅ローンになると、借りる額が増えるため見積書や住民票など、より多くの書類が必要になります。

在籍確認のこと

申込みの際に身分証や収入証明書を提出すれば、仕事をして収入を得ていることは証明できます。しかし、辞めた会社でもらった書類を出す人もいるため、申込みをした時点で仕事をしているかどうか確認する必要があります。その確認のために行われるのが在籍確認です。在籍確認は、申込みの際に記入した勤務先に、ローン会社が電話をかけます。電話口の人にローン申込者に取り次いでもらえないかを聞くだけの簡単なものです。たとえ申込者が不在でも、席を外していることが伝われば問題ありません。問題となるは、申込者の在籍が確認できなかった場合です。そもそも在籍していない、すでに退社した等の情報が伝えられれば在籍確認はできなかったとみなされ審査に落ちます。嘘の情報が書けないのはそのためです。在籍確認が嫌われるのは、ローン会社からの電話で職場の人にお金を借りることがバレる可能性があるからです。そのため、消費者金融は社名を名乗らず、担当者の個人名で電話をかけてきます。銀行は行名を名乗りますが、ローン以外も扱っているため職場の人にバレる心配は少ないでしょう。在籍確認がネックになるのは派遣社員です。電話が派遣先と派遣元のどちらにされるかで、在籍確認がうまく行われない場合があるのです。こうした事態にならぬよう、申込みの際にローン会社の担当者に事情を話してどちらに在籍確認を行うか聞いておきましょう。最近は、社員証や直近の給与明細書を提出することで在籍確認なしにしてくれる消費者金融もあるため、そうしたサービスを利用するのもおすすめです。

お金を借りる理由

お金が必要になる事情は人それぞれです。お金が足りない時に日頃貯金していなかった事を嘆いても何も始まりません。恥ずかしくて周囲に相談することもできないという人も多いでしょう。そんな時こそ、お金を借りるという選択肢が現れます。実際、みんなはどんな理由でお金を借りているのでしょうか?借金するシーンと理由をまとめてみました。

生活費

カードローンの利用目的として多いのが生活費の足しです。給料の範囲内でやりくりできるのが理想ですが、現実はそうもいきません。冠婚葬祭などの急な出費で生活費が足りないというのは珍しい話ではありません。そんな時、足りない額をカードローンやクレジットカードのキャッシングで補うという人も多いようです。引き落としの額が足りない時に自動で借入を行ってくれる銀行ローンも登場するなど、生活費と借金は非常に深い繋がりがあります。だからといって、毎月生活費を借りる生活は危険です。少額だと借金をしているという感覚が薄れ、多重債務に陥りやすくなります。どうしてもお金が足りない時に臨時的に借りて、借りた分はすぐに返す習慣を身につけましょう。カードローンなら、審査が早く必要な時にすぐに現金を用意でき、返済もコンビニのATMでできるのでおすすめです。

事業資金

個人事業や中小企業を経営している人は、事業資金を借りたいという需要が多いようです。もちろん、日本政策金融公庫や銀行の融資を活用するのが最も低金利でお金を借りる方法ですが、必要書類も多く融資に日数がかかります。そこで、つなぎ資金として活用したいのがビジネスローンです。融資制度に比べれば金利が高いため、設備投資などの用途には向いていませんが、従業員の給与支払いや直近の運転資金として利用するのには向いています。日本政策金融公庫はお金を借りるまでに20日程度かかりますが、ビジネスローンであれば審査も即日で終わり着金まで数日で済みます。融資を急ぐあまり個人向けのカードローンを契約してしまう人もいますが、銀行や消費者金融のカードローンを事業資金に使うことは禁止されています。総量規制の関係もあり、多額の資金を借りれないなどの問題もあるので、必ず専用のビジネスローンを契約しましょう。ビジネスローンであれば総量規制対象外なので、年収以上のお金を借りることができます。

学費・教育費

お金を借りる理由として、進学のための学費という人も多いようです。日本学生支援機構の奨学金制度を使えば、低金利で学費を借りることができます。成績や条件によっては返済不要の給付型を選択できる場合や、無利子のタイプを選択できることがあります。ただし、親の年収によっては制度自体を利用できないこともあるので注意しましょう。次に頼りたいのが国の教育ローンです。親の年収が少なければ優遇措置が取られる可能性もあります。しかし、取り扱っている種類も少なく上限が350万円に設定されています。そこで、自由度も高く限度額も高めに設定されている民間の教育ローンを検討しましょう。まずは親が借りて返済し、子どもが就職したら返済を引き継げる教育ローンもあり、それ以外にも使い勝手が良いプランが多数登場しています。奨学金制度や国の教育ローンより金利は高くなりますが、融資までの時間が早いことや返済プランがある程度自由に組める点がメリットです。入学金や下宿先への引越し費用が足りない場合は、カードローンを利用するのも良いでしょう。即日融資も可能なため、奨学金を借りるまでのつなぎ資金として利用できます。

引越し費用

急な引越しが決まった時、引越し費用を借りるといった使い方もあります。新居の家財道具を揃える費用はもちろん、初期費用を用意する必要もあります。数十万円から多い時は100万円ほどかかることもあり、貯金で凌ぐのは大変です。そんな時にカードローンを使えば必要なお金をすぐに用意できるので便利です。費用が高額になるならフリーローンを使うのもおすすめです。購入するものやかかる費用の見積書があれば、フリーローンに申し込むことができます。限度額も300万円程度と高額であるため、安定した継続収入があれば引越しにかかる費用を全て賄うことができそうです。金利もカードローンに比べれば安いので、数ヶ月先の引越し費用を借りるのであればフリーローンが良いでしょう。逆に、急な引越しであったり借りるお金が数十万円程度であれば、見積書の提出が不要なのでカードローンがおすすめです。

車の購入

車を買う時はローンを利用する人が多いです。費用が高くなることから現金を用意するのが大変ということもありますが、車の購入は低金利でお金を借りることができることも、ローンの利用率が高い理由です。自動車ローンが低金利なのは、購入する車を担保にしているためです。普通の自動車ローンは銀行やろうきんでも取り扱っており、金利や返済期間などそれぞれ異なります。自動車ディーラーが用意している残価設定型ローンは、数年後の下取り価格をあらかじめ決めて、その額を除いた金額をローンで支払います。そうすることで毎月の支払額を減らすことができるという仕組みです。残価設定型のローンは金利も低く、車に使うお金を減らしたいという人におすすめです。カードローンでお金を借りて車を買うこともできますが、専用のローンで購入した方がはるかに低金利なのでおすすめできません。

住宅購入

自宅の購入こそ、ほぼ全ての人がローンを利用しているでしょう。数千万円の買い物となるので、現金を用意するのはほぼ不可能です。住宅ローンで有名なのが、住宅金融支援機構が扱っている”フラット35”です。長期に渡って固定金利でお金を借りれるので、毎月の返済額が変わらないというメリットがあります。これなら家賃を払い続けるのと変わらないイメージで住宅を購入できることから利用者が増えています。フラット35は銀行でも取り扱っているため、銀行が用意している住宅ローンと条件を見比べてから好きな方を申し込むこともできます。どの場合でも、数千万円の融資になるので審査条件は厳しいです。返済期間も長期間になることから、債務者の万が一に備えて団体信用生命保険に加入させられる場合もあります。
もし、何らかの理由で住宅ローンが借りれない場合は、親から借りることも検討しましょう。親だからと言って無金利で借りると、贈与とみなされ贈与税がかかる場合があります。必ず借用書を用意して、最低金利でもいいので利息を払いましょう。親子間であっても、返済実績を残すために毎月銀行振込で返しましょう。

嘘の理由を言ってもいい?

お金の貸し借りは信用の上に成り立っています。審査をするのは貸したお金を返してくれそうかどうか判断するためです。申し込む情報に嘘があったら信用は地に落ち、間違いなくお金を借りることはできなくなります。申込内容に嘘がないかを確認するために、過去全てのお金の貸し借り記録が個人信用情報機関に登録されています。現在他の金融業者からいくら借りているかという情報も登録されているので、申込みの際に他社で借金していないと書いてもバレます。過去に金融事故を起こしていればその履歴も見られるため、そこで嘘が発覚しても審査に落ちます。
嘘をついてはいけないのは、金融業者からの借金だけに限りません。家族や友人からお金を借りる時も同じです。親しい間柄の人なら、嘘がバレたら今後の付き合いにも影響します。心象が悪いのはもちろん、あった事実を共通の知人などに話される可能性もあります。お金の貸し借りがきっかけで人間関係がこじれるのはよくある話なので、知り合いからお金を借りる時はいつも以上誠意のある態度で接しましょう。言いづらい理由で話したくないのであれば、カードローンでお金を借りることをおすすめします。

お金を借りることは悪いの?

カードローンに限らず、お金を借りている人というのは意外といるものです。クレジットカードのショピング利用も含めれば3人に1人が何らかのサービスを利用しています。しかし、借金をわざわざ口外する人はいないため、利用者が少ないように思われいているのです。お金を借りることは悪いことではありません。悪いとされるのは、借りたお金を返さないことなのです。きちんと返済できていれば、必要な時にすぐに借りれるカードローンは非常に便利なものです。しかし、手軽さゆえに借金の意識が薄れ、気がついた時には返済総額が膨れ上がっているという人もいます。こうした事態を招かないように、総量規制や過度な融資を煽る広告が規制されているのです。例え少額であっても、借金という自覚を持って利用すれば問題ありません。定期的にローンを利用してしっかり返済していれば、個人信用情報機関に良い利用実績が残ります。将来的に住宅ローンなどの高額融資の際に、これらの実績はプラスとなります。こうしたメリットもあるので、一概にお金を借りることは悪いこととは言えません。上手に付き合って、日々の暮らしを便利で豊かなものにしましょう。